シトルリンには本当にペニス増大作用があるの?

スポンサーリンク
シトルリンについて

シトルリンには本当に増大作用があるのか詳しく検証していきたいと思います。

男性の多くが抱える悩み、それはペニスのサイズを大きくしたいということだと思います。

少なくともこのページにたどり着いたあなたはそのような悩みを抱えているのでしょう。

一般的に精力サプリメントと呼ばれるものにはアルギニンとシトルリンが含まれており、これらが増大作用をもたらすと説明されていると思います。

理論的にはそうなのですがことはそう単純ではありません。

そんなに簡単に解決するなら多くの方が悩みを持ったりしないでしょう。

ペニス増大はどのようにして起こる?

結論から言うと物理的に長さを伸ばしたいなら手術を受けるしかありません。

アルギニンやシトルリンといったアミノ酸には肝臓に働きかけてアンモニアを尿素に分解する作用があります。

その過程で一酸化窒素が放出されるのですが、この一酸化窒素には血管を拡張する作用があります。

血管が拡張すればその分血流がよくなり流れる血液の量も増えるということですね。

勃起のメカニズムを簡単に説明するとペニスの海綿体に多量の血液が流れることによって起こります。

つまり血液が多く流れるほど勃起しやすくなり、留まる血液が多くなるほどペニスは増大するということになります。

先程も説明したようにアルギニンやシトルリンには血流を良くする働きがあるため、当然ペニスの血流料も増加します。

結果としてペニスが増大するというわけなんですね。

アルギニンやシトルリンだけでは不十分

勃起のメカニズムを簡単に説明しましたが、実際にはサイクリックGMPの増加と動脈の弛緩、静脈の圧迫など、さまざまな働きがシステマティックに起こることによって勃起すると言われています。

当然これらが起こるためにはほかの栄養素を十分に補給しておく必要があります。

当たり前ですが必要な栄養素とはアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど普段の食事から摂取する栄養素になります。

またこれらが十分だったとしても運動不足によっても機能不全などは起こってしまいます。

よってアルギニンやシトルリンを補給しつつこれらの要素をクリアしていくことで増大が見込めるようになります。

ペニス増大にはアルギニンやシトルリンが必要不可欠

とは言ってもアルギニンやシトルリンには実際に血流量を増加させる働きがあるためペニスの増大には必要不可欠な栄養素です。

ほかの要素がクリアできてるならシトルリンを摂取することで増大効果が見込めると思います。

ただし増大効果というのは血流量が多くなり、その結果としていつもよりも膨張率が高くなるということです。

元々サイズが小さい方は大きな効果を得られる方もいるようで、ネットで調べていると3cm大きくなったという方もいましたが、それなりの大きさの方には数mm程度の効果しか得られないでしょう。

なので増大効果というよりは衰えた精力を若い頃に戻すというような効果があると思っていたほうがいいと思います。

年を取って昔ほどのサイズを保てなくなってきたり持続力が低下してきた方には大きな効果を発揮すると思います。

昔ほどの勢いがなくなってきたなぁと思ってきた方は試してみるといいと思いますよ。

コメント