アルギニンに期待できる効果とは?

スポンサーリンク
アルギニンについて

一般的な活力成分であるアルギニンにはどのような効果があるのか詳しく調べていきたいと思います。

アルギニンはアミノ酸の一種で、非必須アミノ酸に分類されています。

体内で十分に合成されると言われていますが、加齢とともに合成料が減少していくことが分かっているため食事などで摂取することが推奨されています。

アルギニンには主に以下のような効果が期待できると言われています。

  • 成長ホルモンの分泌を促進
  • 疲労回復
  • 免疫力の向上
  • 肌の保湿
  • 活力の向上

成長ホルモンは幼少期には身長を伸ばすことはイメージしやすいと思いますが、成人してからも筋肉を作るためには必要不可欠であるため筋力トレーニングの前に取っておくといいと言われています。

また疲労回復にも効果があるためスポーツ選手にも摂取が勧められているようですね。

保湿効果もあるため女性にも重宝されており化粧品などにもアルギニンが含まれていることが多いです。

そしてなんといっても注目を集めているのが夜の生活を豊かにする活力成分です。

アルギニンにより一酸化窒素が生成される

アルギニンは肝臓に働きかけてアンモニアを尿素に変える働きがあります。

アンモニアは運動をした際に疲労物質しても放出されるのでそれを分解することで疲労回復が期待できるんですね。

合成された一酸化窒素には血管拡張作用があり、全身の血流が良くなると言われています。

当然下半身の血流も良くなるのでそれだけ反応しやすくなるということですね。

どのくらい摂取すればいいの?

アルギニンの1日の摂取量に厳密な決まりはありませんが、だいたい2g~7g程度が推奨されています。

幅が広いのは怪我などをしてアルギニンの生成が十分にできなくなった時なども想定されているからだとか。

普段の食事から推奨量を摂取できるのが一番望ましいですがそれだとかなりの量を食べなくてはならなくなります。

不足した分はサプリメントなどで補っても問題ないため体の調子に不安がある場合は飲んでみるといいでしょう。

特に男性の方は活力を取り戻すためのサプリメントが多数販売されているので、若い頃を取り戻したいと思っている方はぜひ試してみてください。